2011年06月15日

昇華

 先日、研修コンテンツ開発チームの定例会に出席したことを
 このブログに書きました。

 このチームに入って現在、4年目となります。

 入会当初、何か研修を作りたいと考えていた私は、
 ガソリンスタンドの店長として、傾聴の効果を体感した経験を活かそうと、
 傾聴スキルを身につける研修を作ろうと考えました。

 パワポで研修資料を作り、月1回の定例会でその内容を発表し、
 ご助言をいただき、修正する。
 このサイクルを1年以上繰り返し、「聴き上手研修」が出来上がりました。

 「聴き上手研修」を様々な場所で行ってみると、
 改善したい部分が色々と目につき、その都度改善を加えてきました。

 たぶん、今後も改善すべき事項が見つかるのだと思っています。

 さて、現在私が受け持っているマーケティング講座の受講生の中に、
 本当に「聴き上手」な受講生がいらっしゃいます。こちらが感心するくらい。
 ちなみに、この方々は私の「聴き上手研修」を受講した経験はありません。

 Aさんは、深く理解したり、納得したりすると、
 「うん、うん、うん」と声を挙げて反応を示してくれます。
 逆に、私が説明を端折ったり、不完全な説明をしたりすると、
 「うん、うん、うん」は発せられません。

 Bさんは、深く理解したり、納得したりすると、
 ゆっくり、深くそして何度も頷いて反応を示してくれます。
 逆に、私が説明を端折ったり、不完全な説明をしたりすると、
 「頷き」が「首傾げ」になります。

 その反応を見て、自分の説明に安心をしたり、補足したりして、
 講義がより良いものになっている木がしています。

 Aさん、Bさんの事例も「聴き上手研修」に上手く取り入れて、
 より良いものに昇華させていこうと思います。

 ちなみに「聴き上手」な方は、
 受講する際の座る席が前の方という共通点があります。


posted by 熱血感動型 at 09:26| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。