2011年08月23日

作家

空飛ぶタイヤ.jpg
 池井戸潤氏の著作に初めて出会ったのは、独立して間もない頃でした。
 当時、電車内で過ごす時間が非常に多かった私は、
 移動の車中で、この空飛ぶタイヤに夢中になっていました。
 経営者が会社を守ろうとする必死さがジンジン伝わってくる書籍でした。
 当時のブログ記事はこちらです。

 それから2年ちょっとが経過し、池井戸氏が直木賞を受賞したことを知りました。
 下町ロケット.bmp
 夢中になって読んだ「空飛ぶタイヤ」を思い出し、この下町ロケットを買ってみましたが、
 いざ読み始めると、やっぱり夢中にさせられました。
 「空飛ぶタイヤ」同様に、中小企業の社長が主人公の小説です。
 冒頭のロケット発射シーンからグイグイ引き込まれます。

 51mcYGAiwzL__SL500_AA300_.jpg
 すっかり池井戸氏の著作に魅せられてしまい、この鉄の骨も買ってみました。
 上記2冊とは違って、本作の主人公は若いサラリーマンです。
 冒頭からグイグイということはないのですが、読み進むに従い、
 ジワジワと引き込まれていきます。

 池井戸氏は、場面描写が本当に上手い。
 その場に自分がいるような錯覚さえ起こさせてしまいます。

 東野圭吾、宮部みゆきに続いて、私が常にマークしたい作家が一人増えました。 



posted by 熱血感動型 at 09:07| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。