2011年09月26日

当然

 Yahooの辞書で検索してみると
 ロイヤリティー【loyaity】
 <ロイヤルティーとも>忠誠心。または誠実さ。
 とあります。

 マーケティングのテキストをひもとくと、
 ターゲットとなる顧客を決める際、市場を細分化しますが、
 その細分化基準のひとつに、この「ロイヤリティー」があります。

 当該商品やブランドへの忠誠心が高い人を
 ターゲットとする、というパターンです。

 さて、私自身のロイヤリティーを考えてみると
 約20年間の中で、5台の車を乗り継いできた中で、
 ホンダのプレリュードを3台乗り継ぎましたので、
 これに対するロイヤリティーはとても高かったと思います。

 もっとも、子供の成長につれて2ドアの車では手狭になり、
 4ドアの車を購入しましたので、その時点でプレリュードへの
 ロイヤリティーは低くなってしまいました。

 さて、先日の家族会議を通じて、
 現在所有している4ドアの自家用車を手放すことにしました。
 とうとう車自体へのロイヤリティーが低くなってしまいました。
 
 サラリーマン時代は、仕事に使用するため車は必需品でしたが、
 独立してから2年半、車を運転する機会はほとんどなくなりました。
 夏に帰省する以外は、買い物で月に1回運転するかどうかというペースです。
 駐車場代、税金、車検などを考えるともったいない。
 
 「車は持っていて当然」という生活をずっと送ってきましたが、
 当然のことを疑ってみることも時には必要なのかもしれません。

 とはいえ、何となく割り切れない気持ちも残っているのが正直なところなんですが。


posted by 熱血感動型 at 12:51| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。