2011年09月29日

落款

 先日、創業セミナーの講師をする機会に恵まれました。
 その際、ある受講生の方と名刺交換をしました。
 その方は、陶芸など芸術分野での創業を考えているとのことでした。

 セミナー終了後、数日して自宅に郵便が届きました。
 差出人は、その名刺交換をした受講生の方。

 開封してみると、挨拶状と石でできた印鑑が入っていました。
 挨拶状には、この印鑑は「落款」というのだそうで、
 名刺などに押して使ってくださいとありました。
 どうやら、私の名前をかたどって、
 わざわざご自身が彫ったくれたもののようです。ありがたいことです。

 yahoo辞書をひもといてみると、

 らっ‐かん【落款】
 [名](スル)《落成の款識(かんし)の意》書画が完成したとき、
 作者が署名し、または押印すること。また、その署名や印。

 水墨画や書道などの作品の隅に押されるハンコのことで、
 作者のサインの意味があるようです。

 現在、私は個人として2種類の名刺を使っています。
 1つは、このブログのPRや似顔絵の入ったカラフルな名刺。
 もう1つは、文字だけのシンプルな名刺。

 原則、カラフルな方を使っており、
 ご年配の方に対してや、改まった席では、シンプルな方を使っています。

 で、落款に朱肉をつけて2種類の名刺それぞれに押してみました。
 カラフルな名刺はさらに色使いが増えて、にぎやかになりました。
 シンプルな名刺は白地に黒文字だけなので、落款の赤がアクセントをつけてくれます。

 これから名刺をお渡しする楽しみがまた一つ増えました。


posted by 熱血感動型 at 13:12| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。