2011年11月02日

降臨

 トイレに行って、大きい用を足すときに、
 和式だと、頑張って用を足すイメージがありますが、
 洋式だと、頑張らずとも用が降りてくるイメージがあります。

 この「降りてくる」という表現が私は好きです。

 以前、コーチングの研修を受講した際に、
 2人一組でワークをしたことがありました。
 ワークのテーマは忘れてしまいましたが、
 私のパートナーが「質問が降りてくる」
 という表現を使ったことが強く記憶に残っています。

 コーチングは相手の正解を引き出すコミュニケーションの一種だと
 捉えていますが、正解を引き出すためにコーチは種々の質問をします。

 この質問がひねり出したものであると、
 なかなか相手の正解は引き出せませんが、
 質問が降りてきた場合は、効果的なやり取りができて、
 相手の正解を引き出しやすくなります。

 質問が降りてくるか否かには、クライアントの話を
 じっくり聴いているかどうかが大きく影響しているはずです。
 ですから効果的な質問が出来たときは、
 しっかり話を聴けていると言えるでしょう。

 昨日、某企業の社長さんと面談をしている中で、質問が降りてきました。
 その時にふと、今以上に仕事の質を上げるには、
 今以上に人の話をしっかり聴く必要があるな、と感じました。

 当たり前と言ったら当たり前なんですが。


posted by 熱血感動型 at 08:51| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。