2011年11月19日

御縁

 診断士として独立後、ほとんど車を使わなくなりました。
 とはいうものの、同じ車を7年も使っていると
 愛着が湧いてきて、何となく手放せないままでいました。

 先日の家族会議の結果、
 月々の駐車場代、車検代、税金などを考えると、
 月1回乗るか乗らないかのために車を保有しているのは、 
 やはり不経済という結論となり、車を処分することとしました。
 (ふと、満足化基準と極大化基準を思い出しました)

 さて、どこで処分しようか。
 
 まず自宅から徒歩圏内の中古車買取専門店A社へ。
 査定額は最低額。つまりゼロ円。
 ま、古い車ですからね。もともとそのつもりでいました。
 従業員の方はともかく、社長さんがとても愛想がよく、
 アットホームな店でした。
 
 次に自宅から徒歩圏内ではあるものの、
 A社よりは遠い場所にある、大手チェーンのB社へ。
 店舗に車で乗り入れた時点で店員さんが駆け寄ってきて
 歓迎されている感じが嬉しかったです。
 査定額はわずかながらも付きまして、その説明も親切でした。
 
 1度自宅へ帰って、B社に売るかどうか検討したいと伝えた際の
 店員さんの台詞にちょっとガックリしました。

 「今日はお客さんが少なくて、店舗として成果を出せていないんです。
  ぜひ、熱血さんのお車を今日、引き取らせていただけませんか」

 それは私の都合じゃなく、あなたの都合でしょ?
 軽い憤りを感じてB社を後にした私は、
 日を改めてA社へ車を出しに行きました。

 が、A社は定休日でした。

 そして昨日。車を出しに行こうとA社へ電話をしました。
 
 が、担当者が不在のため受付が出来ないとのことでした。
 結局、B社へ車を売却することとしました。

 A社とは御縁がなかったんですね。

 仕事でも、御縁のある仕事と、ない仕事があるもので、
 ほぼ決まり、と思っていても結局なかったことにしてくれという仕事もあれば、
 遠慮したい、と思っていても結局引き受けざるを得ない仕事もあるものです。

 運も実力のうちと言いますが、縁も実力のうちなのかもしれません。

 NCM_0133.JPG

 NCM_0132.JPG

 NCM_0131.JPG

 (ふと、きんぜうさんが愛車オデッセイを手放した記事を思い出しました)
posted by 熱血感動型 at 06:28| 埼玉 ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
熱血さんの人柄が表れた車ですね。7年も乗ったとは思えないきれいさです。
Posted by madmax at 2011年11月19日 08:48
ほんとピカピカですね☆
Posted by kurogenkoku at 2011年11月20日 06:24
madさん、kuroさん、コメントありがとうございました。
写真はちょうど光の加減できれいに映っただけで、
実物を見ると、かなり塗装が痛んでいます。
やっぱり車も使っていないと洗車もせずに
ほったらかしになってしまうので、塗装面の劣化もどんどん進みます。
そういう意味では頭も体も使わないと、ですね。
最近ジョギングをサボり気味なので・・・
Posted by 熱血感動型 at 2011年11月20日 07:08
うは、見落としてました。すみません。遅レスです。
しかし、かなり昔のオデ号の記事のこと、よく覚えてらっしゃいますね。すごい記憶力だ。。。
おかげで、当時の気持ちを思い出しました!
Posted by きんぜう at 2012年01月08日 15:11
きんぜうさん、この記事までよく遡ってくれましたね。書いた甲斐があるというものです。
ちなみにオデ号の件、私の記憶力が良いではなく、当時の記事のインパクトが大きかったのだと思いますよ。
Posted by 熱血感動型 at 2012年01月09日 06:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。