2011年12月11日

黄色

  
 勝つプレゼン 負けるプレゼン.jpg 

 勝つプレゼン負けるプレゼン 大串亜由美著 PHPビジネス新書刊

 人前で話をする経験が増える中、
 場数を踏むこと以外にも、話すスキルを向上させたいという気持ちは、
 診断士になりたての頃から持っていました。

 そんな中、先日思わず購入してしまった書籍です。
 研修の組み立て方から、話し方について非常にわかりやすく書かれています。
 
 ちなみに本書の中に、ネクタイの色についての記述が盛り込まれていました。

 赤、オレンジ、黄色といった暖色系は積極性やエネルギーを感じさせ、
 青、紺、グレーといった寒色系は落ち着きや控えめさを感じさせる、とあります。

 実は以前より、上記の理由で、
 人前で話す仕事をする際のネクタイは「赤」、
 企業様を診る仕事をする際のネクタイは「紺」と決めていました。

 そのため、ネクタイの色のバリエーションが少なくなっていましたが、
 そうか、暖色系で考えれば、熱さのアピールは、黄色、オレンジもありなんですよね。

 ということで、昨日の創業セミナーでは、
 赤のネクタイではなく、黄色のネクタイをして登壇してみました。
 それに合わせて、パワーポイントの資料も前日に暖色系に変更しました。

 初めて黄色いネクタイで登壇すると、なんとなく気恥ずかしかったりしますが、
 それはこちらの都合。
 ネクタイのせいばかりではないと思いますが、講座は結構盛り上がりました。

 そういえばゴレンジャーに始まる「戦隊シリーズ」も
 赤や黄色の暖色系は熱血系キャラだし、
 青は冷静系のキャラが多いことに気づきました。


posted by 熱血感動型 at 16:46| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。