2012年03月20日

余裕

 一般的に、登壇経験の少ない講師は、
 受講生の前で余裕がなく、とにかく自分が何を言おうか、
 そればかり考えます。

 結果、講義は一方通行になり、講義の質が下がります。

 これが、ある程度場数をこなしてくると、
 個々の受講生の反応、教室全体の雰囲気を感じることが
 できるようになり、その場に応じて話題を提供できるようになります。
 それは行き当たりばったりに思いついた話題ではなく、
 それまでの登壇経験に基づき、その場にジャストミートする話題を
 チョイスできるようになります。

 結果、講義は双方向になり、講義の質が高まります。

 「下町ロケット」で直木賞を受賞した作家の池井戸潤氏は、
 「いい仕事をするには余裕が必要」と言っています。

 講師として仕事を継続的に行なっていくことを目指すなら、
 まずは場数をこなして余裕を持つ必要があります。

 経験上、このことは講師として成長する近道だと思っていますが、
 そのために経験の少ないうちは、とにかく登壇する機会を探し出す必要があります。

 とにかく安くてもボランティアでもいいから登壇することです。
 回数をこなしていくうちに、グッと実力が付いたと感じる瞬間が訪れます。

 診断士の受験勉強をやってもやっても実力の向上が感じられない。
 それでも勉強をする。継続する。
 すると、実力の向上を感じる時が訪れる話に似ています。

 そこまで継続するから合格という果実を得ることができるわけだし、
 講師として早期に高い評価をもらうことができるんじゃないか、と思います。

 という考えで、私は、原則どんな金額でも講師を引き受けています。
 貧乏症とも言うらしいけど。。。
posted by 熱血感動型 at 08:05| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/258818951
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。