2006年10月29日

古風

診断士の【綾】さんにTBしました。

熱血感動型は古い人間だと思うし、
古風だと言われてきた。

熱血感動型は独身時代、奥さんにする人は、
和服が似合って、
三歩後ろを歩くような人、を探していた。

そんなことを言うと、よく笑われた。
親にまで笑われたし。。。

で、いじめがはびこる昨今を背景に、
Yahooの「什の掟」記事を興味深く読んでいたら、
診断士の【綾】さんが記事をアップしていたので、
こちらも興味深く読ませていただいた。

「什の掟」とは、

一 年長者の言うことに背いてはなりませぬ
二 年長者にはお辞儀をしなけれはばなりませぬ
三 虚言を言うことはなりませぬ
四 卑怯な振舞をしてはなりませぬ
五 弱い者をいぢめてはなりませぬ
六 戸外で物を食べてはなりませぬ
七 戸外で婦人と言葉を交えてはなりませぬ
ならぬことはならぬものです。


やはり、物事には理屈では変えられない、何かがあると思う。

ならぬことは、ならない。
だめなものはだめ。

本当にそう思う。

後輩は先輩を大事にする。
人前でいちゃいちゃしない。
うそをついちゃだめ。
弱いものいじめはだめ。

この辺は、熱血感動型が、
日々意識してきたことであるが、
果たして行うことができていたか?

・・・いじめが原因で、
   子供が親より早く死ぬなんて、
   これ、あまりにも悲しすぎる・・・



posted by 熱血感動型 at 20:34| 埼玉 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
熱血感動型さん
コメント&TB、ありがとうございます。

最近の風潮に「全く・・・」と感じていましたが、これも時代の流れかとあきらめにも似た気持ちでいました。でも『什の掟』を見て、改めて“ならぬことはならぬもの”ということ思い出しました。そういうことを親や近所の人や学校の先生に躾られてきたなーって。

熱血感動型さんは、名前の通り“熱血&感動”タイプなんでしょうね。
今後ともよろしくお願いします。
Posted by 【綾】 at 2006年10月29日 21:29
【綾】さん、早々のレスありがとうございます。

私は「名は体をあらわす」タイプではなく、
なんとなく、こんな名前になっちゃっただけなので、色々と誤解を与えているかと思います。
今後ともよろしくお願いします。
Posted by 熱血感動型 at 2006年10月30日 19:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。