2006年11月02日

放浪

どうも、最近ぶらぶら生活が続いています。

朝の早起きもしなくなりました。
晩酌も再開しました。
飲み会の予定もバシバシ入れています。

仕事もそれなりに忙しいし、
プライベートでは新居探しに忙しいんですが、
2次試験を終えて、ぶらぶら〜っとしている感じが強いです。

ぶらぶらすればするほど、受験生時代が懐かしく思えます。
たかだか数週間前のこと、なんですけどね。

昨年の1次不合格決定後、丸々1ヶ月遊びましたが、
そのときは、翌年度合格のための充電期間と位置づけていたので、
ぶらぶら感はそんなにありませんでした。

しかし、今は非常にぶらぶら感があります。

今年2次試験にいたるまでは、
スランプがあったり、模試の結果で落ち込んだり、という停滞期もありました。
逆に、酒を断ったり、朝の起床時間を早めるという決断をしたりと、
「自分なりに」ここ5年間で一番、熱血感動型的だったと思うことしきりです。

昨年の今頃やっていたことは、
●白書の読み込みと白書の問題演習
●財務会計の問題演習
●TACのテキストの読み込み
の3点でした。

これは、毎年やっていることの延長線上の学習でした。
根本的な学習スタンスが変わっていませんでした。

だから、弱小勉強会のトシキさんのBlogを見ていなければ、
過去問の重要性に気づかず、過年度と同じ結果が待っていたと思います。

また、昨年の今頃は、
合格イメージができていませんでした。

合格した自分を明確にイメージできていないから、
今年は受かるかな?大丈夫かな?と、恐る恐る勉強を行っており、
集中力に欠けていたと思います。

だから、コーチの指導が無ければ、
やはり、過年度と同じ結果が待っていたと思います。

合格というか、成功に必要なことは、
「正しい方法論」と「明確な成功イメージ」を持つことが
大事なのだな、と強く感じています。


posted by 熱血感動型 at 12:02| 埼玉 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりっす。
過去問題大事っすよね。
それを実感されている熱血さんのブログを読んでいて、今年の一次は大丈夫だろうなと思ったものです。

さてお暇なら、明日、某所で、口述対策のセミナーなります。いろいろ実験してみたいと思います。お時間あれば、どうぞ。

Posted by トシキ at 2006年11月02日 18:19
トシキさん、おひさしぶり。
明日行きたいのですが、かなり微妙っす。。。
仕事を早退できるよう、頑張ってみますが。。。
Posted by 熱血感動型 at 2006年11月02日 20:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。