2006年11月13日

手紙

映画「手紙」。妻と一緒に観て来ました。

平日の映画館はとっても空いていました。

こういうとき、
仕事上、土日の代わりに平日休めることが強みだな、と感じます。
裏返すと週末の通学講座に通いにくい弱みもあるのですが、
それはもう、置いておきます。

私自身、原作を読んでいるので、観る前までは、
映画を観ながら、ボロボロ泣いちゃうかもと思っていました。
なので、ハンカチ、ポケットティッシュは完備しておりました。
しかし、意外とそうではありませんでした。
2時間ちょっとの上映中、3回ほどウルッと来た程度です。

それに対して、妻は最初から泣いていたそうです。
気がつきませんでした。

終演後、トイレに行ったら、
トイレに入っている人みんなが洟をすすっていました。

この映画を観て、
人を受け容れる事は難しく、そして偉大なことだと思いました。

さて、ラストの展開で解釈が妻と私で割れました。

以下は、ネタばれの危険性がありますので、ご注意ください。
これから観にいく方は、読まないほうがいいと思います。


最終的に、弟は、兄が服役する刑務所へ相方と慰問に行きます。

お笑いのステージで、家族ネタも披露します。

相方の家族は卓球が好きで、
お姉さんがラケットのような顔をしている、とか
お母さんはラケットでご飯を食べている、とかで、笑いをとります。

で、相方が主人公の弟に突っ込みを入れます。
「んーなこと言って、お前の兄貴は・・・」

ここで、相方が、シマッタ!という顔をするように見えました。
その突っ込みに対して、
弟はしばし、沈黙してしまいます。
そして、兄に対する思いを笑いを取りながら披露していきます。

ここで、なぜ、弟は沈黙してしまったか。
妻と私とで意見が割れました。

妻は、相方のつっこみである、
「んーなこと言って、お前の兄貴は・・・」は、
あらかじめ用意されていた「ネタ」だと感じたようです。
そして、それに対する弟のしばしの沈黙は、
その後吐露する、兄に対する想いのプロローグだと。

私は、どうしても、相方の「シマッタ」という顔が頭から離れず、
ハプニング的な展開だったのでは?と思うのです。

もし、この映画を見た方がいらっしゃいましたら、
ぜひご意見を聞かせていただきたいと思います。




posted by 熱血感動型 at 20:27| 埼玉 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
手紙、みてきましたよ。休日の空いた時間になんとなく観たのですが。結果として、ここ数年で最も印象に残る映画でした。最後の最後で涙が自然と。。。
連れは途中から号泣してたようで映画終了後、化粧室にかけこんでました(笑)。

>ここで、なぜ、弟は沈黙してしまったか。
ここは、ハプニングだったように感じました。相方がネタの盛り上がった勢いでついつい口にしてしまった!みたいな。あくまでも直感ですけど。漫才だけど、アドリブ込みのネタで進行してたのかな、と。

最後の玉山さんの演技には圧倒されましたね!思わず彼のHPの掲示板に初書き込みしてしまいました!
ではまた。(いつも熱血さんのブログは拝見してました)

Posted by まちゃ吉 at 2006年11月20日 01:26
まちゃ吉さん
そうですよね、ハプニングっぽかったですよね。
いずれにしても、直の気持ちがうまく出ていたラストだったと思います。
手紙。秀作だと思います。
これからもよろしくお願いします。
Posted by 熱血感動型 at 2006年11月20日 19:59
( ⌒o⌒)人(⌒-⌒ )v オヒサオヒサ
元気でしたか?
試験は どうだった?

( ・_ ・)ん?
新居ですと〜
合格のご褒美なのかな?
(〃^∇^)o彡☆あははははっ

あっ\(◎o◎)/!
発表の前の5日は誕生日だから
(*`・ω・´)ノヨロシクッ☆彡
Posted by こうちゃんで〜す at 2006年11月20日 20:04
こうちゃーん
お久しぶりっ!

プレゼントのおねだりですかw

まぁ新居は前祝ってことで。

さて、こうちゃんの誕生日の前祝なのか、
おいらの合格の前祝なのか?
Posted by 熱血感動型 at 2006年11月20日 20:23
熱血さんのこのブログを見て!
こりゃよまなくっちゃーって
本かって読んで、映画も見てきました!
即効でしょ!ちゅーか暇ってことです!寝不足!
最後のシーンですよね!
ここは涙腺がゆるんでしまったとこで
ネタ仕込み&ハプニングで
両方とも正解と思いましたが・・
彼がネタを持ってたにもかかわらず
兄への思いがここで感極まってしまい
コトバに詰まってしまったのかなー
本があまりに感動なので映画が・・・
今日「手紙」をマインドマップ
「イマジン」の歌を映画で流してほしかったなー
やっぱり本が最高です!
そして平野社長!いいとこあるー
ほんと深い作品です!
Posted by チェんゴー at 2006年11月23日 20:11
チェんゴーさん、
お久しぶりです。

本も映画も行ってきたのですか。
さすが行動が早い。

涙腺ゆるみまくりですよね。この作品。
最後のところは解釈が分かれると思いますが、
弟はそれまで、散々苦労してきただけに、
兄への想いを伝えるシーンは感動しますよね。

そしておっしゃるとおりK'sデンキの社長さんは
ナイスな発言だったと思います。

Posted by 熱血感動型 at 2006年11月23日 21:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。