2012年07月09日

言葉

 以前、ある研修を受講した時に
 「言葉のバリ取り」というワークを行なったことがあります。

 言葉のバリの例を挙げると、
 「あの・・・例えばですね」の「あの」
 「えー・・・その点はですね」の「えー」
 「○○なんです。・・・で、私が感じたのは」の「で」
 といった伝えたい言葉にまとわりつく不要なものを指します。

 これら言葉のバリは取ろうと意識していないと本当について回ります。

 さて、昨日は「研修講師」をテーマとした研究会に参加してきましたが、
 その中で1時間の模擬講義を行ってきました。

 「創業・起業・独立」をテーマとした模擬講義を終え、
 参加者からフィードバックをもらった際に、
 言葉のバリが多いという意見をいただきました。

 自分でも最近、言葉のバリが多いかな?
 と思っていましたが、改めて指摘されると、
 バリ取りの意識が低かったかなと反省することしきりでした。

 その他にも、自分が気付いていない良い点も気付かせてもらいました。

 診断士は人前で話す機会が多いだけに、
 彼ら彼女らからのフィードバックはとてもありがたかったです。

 さらに参加者の方が講義動画を作ってくれたりなど、
 昨日も多くの方にお世話になりました。
posted by 熱血感動型 at 09:40| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/279854290
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。