2012年07月14日

立派

 「言葉は天を目指すが、心は地にとどまる、
 心のともなわぬ言葉がどうして天に届こうか」

 昨日の日経新聞で目にした文章です。
 なんでもハムレットの台詞なのだそう。

 人と話していて、その人らしくない台詞が発せられるとき、
 私たちは違和感を覚えるわけですが、
 この文章を目にして、ちょっと痛い経験が思い起こされました。

 ガソリンスタンドの店長時代、パナソニック創業者である
 松下幸之助氏の書物にハマった時期があります。
 幸之助氏の持論を知るにつれ、部下に対して色々と
 格好いいと思われる言葉を、さも自分の言葉のように伝えたことがあります。

 この時の部下の表情がなんとも言えず、シラケた表情だったんですよ。

 また、講師としてデビューして間もない頃、
 ある有名講師から借りてきた台詞を、
 講義の締めの言葉として用いたことがあります。
 
 この時も場がシラケかけてしまい、
 慌てて軌道修正した記憶があります。

 先日、私が担当した講座の受講生の方から、
 その方が別の講座を受講した時の感想を聞く機会がありました。
 
 曰く
 「受講中にですね、感じたんですけど、あの先生に
 何でそんなことを言われなきゃならないのかと思いましたよ。
 その人らしくないんですよ、言ってることが。」

 立派なことは良いことだと思います。
 ただし、目指すべきは、「立派な人」であり、
 「立派な言葉を発する人」ではないことに
 気づかなければなりません。
posted by 熱血感動型 at 15:46| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/280994028
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。