2012年07月28日

報告

 昔、「愛と誠」という漫画が流行りました。
 単行本にもなり、早乙女愛と西城秀樹で映画化もされました。
 今年になって、武井咲と妻夫木聡で再度映画化されたそうです。

 この「愛と誠」の単行本で、
 「受けた恩は倍にして返す。そして受けた恨みは3倍にして返す」
 といった趣旨の台詞があります。

 特に「恩の倍返し」は重々意識しなければならないと思っています。

 なので、仕事をいただいた場合、
 その仕事を仲介・紹介していただいた方には、
 仕事を出して、恩を倍にして返したいとずっと考えていました。

 しかし、実際問題、私がその方に対して
 仲介・紹介できる仕事がそんなにあるかというと
 そんなこともないわけで。
 
 なので、いただいた仕事の質をきっちり担保することだったり、
 納期を必ず守るといったことだったり、進捗を逐一報告したり、
 仕事の完了時に改めてお礼を述べる、
 といったことでしか恩を返せていないのが実情です。

 ところが、先日多くの診断士に仕事を出している方から連絡がありまして、
 仕事を出したのに納期を守れなかったり、進捗の報告や
 極端な話、仕事を完了した際のお礼すらないという人が増えているのだそうです。

 仕事を出してもらって恩を受けたなら、
 仕事を出して恩返しをしたいとずっと思ってきていましたが、
 なかなかそれが叶わない。
 
 しかし、仕事を出して恩返しをされるよりも、
 それ以前のステップが実は重要な恩返しであるのだと思います。

 自分が仕事を出した時のことを考えてみると、
 その方が後日仕事を回してくれることなんて期待していないわけで、
 (いえ、回してくれたら嬉しいですよ)
 引き受けた仕事について、まめに報告をくれる人の方が
 恩を返してくれていると思うんですよね。
posted by 熱血感動型 at 10:48| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。