2006年12月14日

半分

診断協会から筆記試験結果のお知らせが届きました。

熱血感動型は

事例T→B(50%以上60%未満)
事例U→C(40%以上50%未満)
事例V→B(50%以上60%未満)
事例W→B(50%以上60%未満)

合計→B(50%以上60%未満)
という結果でした。

とりあえず、半分はとれていたので、
初めての2次試験にしては健闘出来たかな、とも思いますが、
不合格は不合格なわけで。。。

それはそうと、来年度対策の学校選びで気になっている学校があります。
今回の結果がC以上の方が対象となっている、TBCの2次本科奨学生コースです。
通常受講料の半分以下は魅力です。
浮いた受講料を熱血感動型はコーチングに費やしたいと思っています。

まずは、今週土曜日の説明会に行ってみます。

最後になりましたが、
熱血感動型は再現答案をアップするつもりはありませんでした。
しかし、AtauさんのBlogを見て気が変わりました。
恥を忍んで晒します。
以下がH18年2次試験Bランクの事例T・V・WとCランクの事例Uです。
再現答案
これからじっくり分析しようと思います。遅すぎ?


posted by 熱血感動型 at 20:16| 埼玉 ☔| Comment(7) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
熱血さんも通知受け取りましたか。
事例W以外は同じ結果です。
マーケが「C」は分かっていたこととはいえ,
非常に萎えMAX
5点刻みでもいいのでもう少し詳しく知りたいな。
これからみなさんの再現答案集めて検討しようか思案中です。
Posted by shibajin at 2006年12月14日 21:25
隊長も、いよいよ動き出しますね!
自分は総得点のみ隊長と同じです。

開封した後はかなりメゲましたが、確かにリベンジのための参考にはなりますね。
Posted by chigetaro at 2006年12月14日 23:01
熱血さん、こんばんは。
再現答案アップされたんですね!
私もAtauさんのアドバイスを受けて
近いうちに載せることに決めました。
また、情報交換させて下さい!
Posted by Ken at 2006年12月15日 00:24
こんばんは、取り上げていただき恐縮しております。熱血さんはじめ、皆さんの答案と評価を見ていて今のところ感じているのは、「合格者と不合格者間には、思っているほど大きな差はない」ということです。熱血さんの再現答案を見ながら、502を見る色んな受験生が二次試験について考えることでしょう。(もちろん僕もその一人です。)

あと一歩さえあれば、間違いなく合格だと思います。その一歩を突き詰める作業が大切なんですね・・
Posted by Atau at 2006年12月15日 01:05
shibajinさん
事例WはAランクだったんですね。さすがです。
しかし、マーケは難しいですね。
出来たつもりになっちゃうところが怖いです。

chigetaroさん
結果は変えられませんが、
結果の解釈はどのようにでもできますから、
今回の結果をプラスに捉えて、
来年一緒に合格しましょう!

Kenさん
再現答案アップされたんですね。
参考にさせていただきます。
私のは参考になるのかどうか疑問ですが。。。

Atauさん
とっても良いエントリでした。
私はAtauさんのエントリをみて再現答案を公開しましたが、何かようやく自分と向き合えた気がしていますよ。
今後ともご指導いただきたくお願いいたします。

Posted by 熱血感動型 at 2006年12月15日 20:58
通りかかりました。(よく見ています。)
今日、僕もTBCの奨学生講座説明会行ってきて、申し込ました。
もしTBCでしたら一緒に頑張りましょう。(私は土曜の講座ですが)
Posted by at 2006年12月17日 00:28
俊さん
では、同じクラスになりそうですね。
私は来週申し込む予定です。
よろしくお願いします。
Posted by 熱血感動型 at 2006年12月17日 07:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

平成18年度・再現答案をアップします。
Excerpt: TBのやり方がわからず右往左往しておりましたが、ようやくできたようです。 Atauさん、熱血感動型さんのエントリーに共感しました。 私も恥をしのんで、再現答案をアップいたします。 答..
Weblog: 負けに負けない負け方
Tracked: 2006-12-16 16:34
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。