2013年02月09日

理由

 ブログの更新が滞っています。

 そもそも私は診断士受験生だった2004年に
 受験日記としてブログを書き始め、毎日毎日更新してきました。

 ところが、なかなか試験に合格できなかったため、ブログの更新頻度を下げて、
 受験日記を書く時間も勉強に振り向けるようにしたのが2006年〜2007年。
 くしくも2006年に1次試験合格、2007年に2次試験に合格できたので、
 結果としては当時の選択は正しかったのだろうと思います。

 合格して気をよくした当時の私は、受験生の方々をフォローするべく、
 合格のノウハウやテクニックをブログに書き綴るようになり、
 また更新頻度が上昇することとなりました。2008年の話です。

 その後、2009年に独立した私は独立診断士の日常を綴るようになりました。
 相変わらず更新頻度は高かった。これが2010年頃まで続きます。

 その後、更新頻度はパッタリと落ちることとなりました。

 その理由@ 時間的制約
 書く時間が少なくなった、ということです。
 企業内時代や独立当初は、時間がそれなりにとれていた私ですが、
 独立後一定期間が経過すると、徐々に各方面からお声掛けをいただくようになり、
 時間がタイトになるシーンも増えてきました。
 すると、やっぱりブログ更新に費やす時間も節約せざるを得なくなります。

 その理由A 守秘義務
 不特定多数の読者に読ませる内容が書けない、ということです。
 診断士はクライアントに関する守秘義務を負っていますし、
 自分の失敗をあからさまにすることも場合によっては守秘義務違反につながります。
 それまでのように、自分の日常をあからさまにブログで公開するスタイルでは
 ブログを毎日更新することは困難になりました。

 これらの理由はブログをやったことがある方なら
 誰でも直面するのだと思います。

 そこで、時間がないけれど、ブログを書きたい人のために、
 ミニブログをと呼ばれるツイッターが登場して一定の支持を得ました。

 また、不特定多数の読者に読ませたくない人のために、
 特定の人にのみ公開できるフェイスブックが登場して、
 普及してきているのも納得がいきます。
 (特定少数に公開するからといって守秘義務を守る必要がないわけではありません)

 ところが、私の場合、ツイッターもフェイスブックも積極的に活用していません。
 これはやはり、ブログに対する愛着があるのだと思います。

 自分自身の環境が変化したなら、それに対応していかなければならないのですが、
 まぁ、これからも細々と続けていければなぁと思っています。
posted by 熱血感動型 at 11:49| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わたしも同じ悩みが。。。

>自分の日常をあからさまにブログで公開するスタイル
→を変更していくしかないですね。

やっぱり、読み手に役立つ情報を継続的に発信していかないといけないんでしょうね。
Posted by London3 at 2013年02月09日 12:35
ロンドンさん、お久しぶりですねー
スタイルを変更するとなると、
新たなブログを立ち上げたほうが
やりやすいかなぁとも思っているのです。
Posted by 熱血感動型 at 2013年02月09日 13:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/319870661
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。