2007年03月01日

体力

昨年の2次本試験直前で風邪を引いた反省を踏まえ、体力づくり、さらに気分転換も含め、子供相手にキャッチボールをやっている。

もっとも、
子供は学校を毎週末、休めるが、
私は仕事を毎週末、休めるわけではないので、
キャッチボールは、子供と時間が合うときに限定される。

大体、週1〜2回の頻度。

最初は、たかがキャッチボール、と舐めていたが、
準備運動をきっちりやって(この時点でかなりバテていたりする)、
数十分キャッチボールをしていると、かなりの運動になる。

最近の熱血感動型は、ようやく肩も上がるようになり、
手首だけでなく、肩で投球ができるようになってきた。

これを毎日8年間やっていた学生時代は、
やっぱり若かったんだな、と懐かしさを感じたり、
子供の投球・捕球技術の向上の速さに舌を巻いたりしながら、
気分転換も図ることが出来ている。

ただ、住居近辺はキャッチボールができる環境ではないので、
車で15分ほど走らなければいけないことについては、
未だに納得できない。

熱血感動型的には、
キャッチボールは家の前でやるもの、なのだ。

田舎者の悲しい性なのか?


posted by 熱血感動型 at 18:35| 埼玉 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
キャッチボールで子供と対話
ジュニアの少年野球時代が懐かしいです
これからスポーツシーズン到来
楽しみですね!
文武両道でレッツラごろ!
Posted by チェんゴー at 2007年03月01日 23:50
熱血隊長。おはようございます。
最近では田舎でも住宅周辺で遊べなくなって
きております。(車の往来が結構あります)
子供達単独の自転車使用も気になります。
我家から緑と土色の景色が堪能できると
言うのにです。。。
(徒歩5分の所に公園はありますが)

キャッチボール・・・。
私のところは「娘」だった。。。(笑
Posted by MM at 2007年03月02日 10:33
チェンゴーさん
これから春の甲子園ですねぇー
球春到来!
楽しみタノシミ

MMさん
親の目の届く家の前で遊ばせたいものですね。
交通機関の発達は、生活を便利にさせましたが、
近所のコミュニティ機能が退化した気がしてなりません。
Posted by 熱血感動型 at 2007年03月03日 20:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。