2005年09月14日

対応

今年の家族旅行は新潟へ行ってきました。
2年連続の新潟です。

昨年は1泊だったのですが、
今年は2泊3日で行ってきました。

夏の新潟は涼しく、
高原の芝生(冬はゲレンデになる)で
子供が思い切り遊べて、とっても快適です。

旅行2日目に食事と買い物に出かけ、
その後ゲレンデで遊んだ後にホテルの部屋に戻りました。

「財布が無い!」

食事をした店(レストラン)と買い物をした店(土産物屋)に電話しました。

レストランへの電話
「あの、財布落ちてませんでしたか?」
「テーブルの下を探したのですが、ありません」

土産物店への電話
「あの、財布落ちてませんでしたか?」
「店内には落し物は無いようですが、
もし、見つかったときにはご連絡いたしますので、
ご連絡先を教えていただけませんか?」

レストランは顧客「に」反応した。
土産物屋は顧客「へ」対応したのである。

試験の内容に反応できる受験生と
試験の内容へ対応できる受験生。
果たしてどちらが合格に近いであろうか。

旅先で良い勉強をしました。

実はその財布、
ゲレンデに落ちていました。。。




posted by 熱血感動型 at 21:34| 埼玉 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
FSP報告です。
今日もこれから白書です。
昨日は忙しすぎて学習時間がほとんど取れなかったので
今日は時間をとれるよう、頑張ります。
Posted by 熱血感動型 at 2005年09月15日 04:23
ホッ
見付かって良かったです。。。
Posted by hori at 2005年09月15日 04:52
反応と対応の両方が求められる気がしますよね〜
最近の一次では特に。
時間をかけず、でも確実に「反応」でとる問題、
時間をかけて「対応」してとる問題、
それらのバランスが必要だと感じています。
私も今回の試験では時間をかけた「対応」で
法務の足のあしきりを免れました。
今考えるとゾッとします。

それにしても財布が見つかってよかったです。
いいオチがつきましたしw
Posted by パヤシ at 2005年09月15日 09:00
いい切り口ですね!
昨年の2次はホント反応だけ!(犯かも!)
昨日診断士勉強会でも反省でした!
作問者(客)のニーズ(思い)を汲み取り柔軟に対応して解答することなんですよね!
わかっているようで、出来にくい
Posted by チェンゴー at 2005年09月15日 09:13
小売業にとって大切な「気付き」ですね。
当社の社員は分かっていても「対応」ができない
状況なのでしょう。
もしかしたら、「反応」もしていなかったりして…。
ギクッ!(不安・不安)
(珠には、自社調査もせねばならないかもデス。)

財布:見つかって良かったですね。
私は以前、自社の新規オープン店応援で
出張した時、仮払金3万入りの財布を落とし、
発見時に空の財布が返ってきた事があります。(T_T)
Posted by ゴリラ at 2005年09月15日 16:45
>horiさん
心配掛けてスイマセンでしたw・・・

>パヤシさん
なるほど、「反応」でとる問題もありますね。
特に今年の財務はそうでしたね。

>チェンゴーさん
私の中では
反応=受身
対応=主体的
というイメージがあります。
学習でもテキストの内容を受身でこなすか、
主体的に取り組むかで、結果が違う気がします。
かくいう私は「反応」ばかりしていた気がするのです。

>ゴリラさん
私は部下に「反応」と「対応」の違いを聞いてみようと思います。どんな答えが返ってくるか楽しみです(ドキドキ)。
Posted by 熱血感動型 at 2005年09月15日 18:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。