2008年02月02日

墓穴

H19年10月21日(日)15:40 明治大学リバティタワー2F。

教室では、二次筆記試験 事例Wの解答用紙・問題用紙が配布が終わりました。
心なしか、問題用紙が厚い気がしました。

事例Wの開始です。

まずはタイムスケジュールの確認。
15:40開始、40分後の16:20解答書き出し予定、17:00終了です。

余白に
15:40〜17:00
  16:20→
とメモしました。

次はいつもどおり、配点を確認し、各設問に費やす時間と書き終える時刻を余白にメモします。
10点3.5分の時間配分です。

第1問(配点25点)の脇に「9分」
第2問(配点25点) の脇に「9分」
第3問(配点25点)の脇に「9分」
第4問(配点25点)の脇に「9分」
とメモしました。

いつもなら「9分 16:29」とメモしますが、なぜか書き終える時刻をメモしませんでした。
この事例は、設問ごとに書き終える時刻を書いても無駄だ、という神のおぼし召しだったのでしょうか?

事例T〜Vは設問文を読込んだ後、与件文を読み込みますが、
事例Wは与件文から読み進めます。
事例Wは、与件文が短いこと、与件文・設問文の内容の境界が曖昧であるためです。
(設問文の内容が与件だったりします)

与件文を読み込みます。
3色ボールペンの赤と蛍光ペン5色を使いながら、与件を読みます。

3色ボールペンの赤色を使い、
・気をつけたい部分にアンダーラインを引きます。
・「しかし」「だが」といった逆接は左向きの△で囲みます。
・「そして」「さらに」といった順接は右向きの△で囲みます。

蛍光ペンは原則SWOT分析に使用します。
青は強み、緑は機会、 ピンクは弱み、オレンジは脅威、黄色は特に気になったところ
をマークします。

与件文は6つの段落から成り立っていました。段落ごとに横線を引き、段落番号を振ります。

次は、設問文の読込みです。

3色ボールペンの青色を使いながら読み込みます。
設問文の制約条件には下線を、問われていることは丸囲みをし、
メモをしながら読込みます。

以下は、設問文読み込みの際に引いた下線、丸囲み部分(【】閉じの部分です)、
解答要素のメモ書きです。

第1問(配点25点)
D社の平成18年度(実績)および19年度(予想)の財務諸表を用いて経営分析を行
い、これまでの経営政策を続けた場合に生じると考えられる問題点のうち重要と思わ
れるものを3つ取り上げ、問題点@、A、Bごとに、それぞれ問題点の根拠を最も的
確に示す経営指標を1つだけあげて、その
名称を(a)欄に示し、平成19年度分の経営
指標
を(b)欄に計算(小数点第3位を四捨五入すること)した上で、その問題点の原因
について(c)欄に60字以内で説明せよ。

設問に小数点第3位四捨五入とあります。余白に「0.001」と書き、小数点第3位の「1」を丸で囲みました。

第2問(配点25点)
2か年の財務諸表から、損益分岐点分析を営業利益レベルにおいて行う。なお、変
動費率は一定と仮定する。以下の設問に答えよ。

(設問1)

変動費率を(a)欄に、固定費を(b)欄に求めよ。なお、変動費率は1パーセント未満
を四捨五入し、固定費は百万円未満を四捨五入すること。


設問に変動比率は1パーセント未満を四捨五入とあります。余白に「0.1%」と書き、1パーセント未満の「1」を丸で囲みました。
さらに固定費は百万円未満を四捨五入とあります。余白に「0.1百万」と書き、百万未満の「1」を丸で囲みます。
変動費率は「率」であり、固定費は「額」で解答することを忘れないように、
設問文の「変動費率」のそばに「りつ」、「固定費」のそばに「がく」と書きました。

(設問2)
D社が現在の経営政策をこのまま取り続けるとしたら、どのような状況となる
か、この損益分岐点分析に基づいて60字以内で
説明せよ。

第3問(配点25点)
D社は、次のようなタイムスケジュールをもつ新製品開発プロジェクトを検討し
ている。
現時点を平成19年度期首とする(1期首)。
・・・・・

この現時点を平成19年度期首を黄色の蛍光ペンでマーキングしました。
そして、設問文の後の図にある現時点の部分も黄色の蛍光ペンでマーキングしました。
現時点がいつなのかをはっきりさせないと混乱する、と思ったためです。
このマーキングが墓穴を掘ることになりました。

他に設問文内の「4000万円」「確率1/2」「(年金原価係数)3.7908」を丸で囲みました。

第4問の設問文には何故か書き込みの類を一切しませんでした。
その理由はどうしても思い出せません。


posted by 熱血感動型 at 12:07| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ドキュメント2次試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。