2008年02月09日

親指

H19年12月7日(金) は二次筆記試験合格発表の日でした。
私はこの日、休みを取りました。

前年は銀座の診断協会に行って、不合格を確認してきました。
今回は、妻と自宅にいてインターネットで確認することにしました。

私の受験番号を見つけたときに、まず口をついて出た台詞は「あった!」でした。
「あった!」「いやぁ、あったよ」「本当にあった」何度この台詞を発したでしょう。

しばし呆然としていました。

お世話になった診断士の先生やコーチ、応援してくれた両親へ連絡しました。
そしてブログも書きました。

お昼になっても胸がいっぱいで、食欲がわきません。
妻が小学校に子供を迎えに行く時間になっても、食欲がわきません。

うちの子供は学区外の小学校に通っているため、
送り迎えをしなければいけないのです。

「ただいまー」二人の子供の声が玄関に響きました。

「ねえ、お父さんさ、合格したんでしょ?」

「あぁ、そうだよ」
親指を立てたこぶしを縦に突き出しました。

これをやるのが長年の夢でした。

ようやく夢が叶った瞬間でした。

夢といえば、合格してこのドキュメントを書くことも私の夢でした。

このドキュメントは非公開記事を除いて、今日で35回の連載となりました。
長い間、お付き合いいただきましてありがとうございました。

おしまい

明日からは日々の日記を綴ろうと思います。


posted by 熱血感動型 at 17:12| 埼玉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ドキュメント2次試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
毎日楽しみにしてました〜
私自身もあの場所にいた緊張感を
思い出しながら読ませていただきました。
お互いがんばりましたね。。
Posted by OZMA at 2008年02月10日 00:02
OZMAさん
コメントありがとうございました。
「毎日楽しみに」とは恐縮です。
10.21はお互い忘れられない日になりそうですね。
今後ともよろしくお願いします。
Posted by 熱血感動型 at 2008年02月10日 11:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。