2008年04月08日

加減

 ドラゴン桜第6巻56限目で「暗記ものは努力すれば必ず点に結びつく」というアドバイスがあります。

 私がこれを実感したのは、
H18年一次試験、情報システムと中小政策を解いているときと、翌年のH19年二次試験、事例Uを解いているとき、でした。

 これは、その時以外の年・科目では暗記の効果を実感できなかったことを意味しています。

 その時以外の年・科目で実感できていれば、もっと早く合格できたのですが、そうそう簡単に芽が出ないのが診断士受験の深いところなんじゃないかと思います(自分の努力不足は棚に上げておきます)。

 H18.19の本試験では、効果を実感できましたが、そもそも勉強の効果を感じることができないと、努力が空しくなってきます。モチベーションの維持が困難になってくると思います。

 ただ、努力の成果を感じると、とっても嬉しいんですよね。私はこれが病み付きになって受験を諦めなかったのかもしれません。

 ドラゴン桜では効率的な暗記の心構えについても述べています。

「人間が忘れるのは当たり前のこと。生存に必要なこと以外は忘れるようにできている。そして頭が柔らかければ柔らかいほど知識を蓄えることができる。柔らかくするには余計なプレッシャーを自分にかけず、焦らないことが大事」(第4巻39限目)

 私のように融通の効かない受験生ほど、あれも覚えなきゃ、これも覚えなきゃと自分にプレッシャーをかけて、暗記で失敗している気がします。合格者を見ていると、良い言い方をすれば柔軟性が高く、悪い言い方をすればいい加減な方が多い気がしています。 

 自戒を込めて書きますが、融通の効かない真面目な受験生ほど「良い」加減の判断が出来ていないんじゃないか、と思います。適度な加減を知るには合格者と触れあうことが一番の近道だと思います(少なくとも私はそうでした)。

 とはいうものの、受験校に通学している人は合格者として講師しか知らなかったり、通信生・独学だと触れあう機会すらないのかもしれません。

 ここにブログを活用した交流の意義があると思います。また、502のオフ会は有意義な場ではないでしょうか。



posted by 熱血感動型 at 13:59| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラゴン桜に学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。