2005年11月25日

大枠

企業経営理論のテキスト読込で、引っかかるところがあったので、
TACのS先生に質問をしてみた。

引っかかる部分は以下の通り。

意思決定は
@情報活動A設計活動B選択活動C検討活動
のプロセスを経てなされるわけだが、
そこで現れてくるのが、経営人モデルと経済人モデル。

経営人モデルは上記@〜Cのどこが不完全なのだろうか。
そして
経済人モデルは上記@〜Cのすべてが完全なのだろうか。

このような疑問を抱いたわけである。

それに対するS先生の回答↓

まずは、経営人モデルと経済人モデルの捉え方ですが、
経営人モデルは「現実的な人間観」
経済人モデルは「非現実的な人間観(完璧な判断が可能という理想論)」になります。
他のテーマでも細かい要素より先にこの大枠の論点から理解する方が、問題の選択肢の文章の意味をはずさずに読む確率が高まると思います


昨日、熱血感動型は
「全体から部分へ。」などという、えらそうなことを書いた。
でも、全体を把握するということの本当の意味を、
S先生の回答からようやく得ることが出来た気がする。

どうでも良いんですが、
経営人モデルの人には「いいんですよ、そのままで」と言ってあげたくなった。
経済人モデルの人には「すっげー、完璧じゃない」と言ってあげたくなった。

経営人モデルの人は「腕白でもいい。たくましく育ってくれ」と言われて育ってきた。
経済人モデルの人は「東大一直線」と言われて育ってきた。
そんな感じがした。

そのような大枠を掴んだ上で、
@情報活動A設計活動B選択活動C検討活動
という意思決定のプロセスを見てみると、
些細なことにこだわっていた自分が見えてくるのである。

まだまだ視野の狭い、熱血感動型である。。。


posted by 熱血感動型 at 21:37| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。